読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今書いている詩(317)

   たろうさんの未来(宿題)

 「…高齢者の身にはもう
  人生の宿題も残って
  いない…」

 そう語っておられた
 八十七歳のかたに
 「生きてることが
  宿題です」
 とコメントした

 わたしにも残された
 宿題があるだろうか
 振り返ってみる

 六十五年は幸せだったね
 二廻りも違うその方
 の年齢と比べたら
 わたしの人生は平たい

 「…寂しいですね」
 最後に語ったのは
 残りの時間が少なくて
 なのだと思いたい

 洋子さんや娘それに
 孫が生まれたら
 「充実した人生だったよ」
 と語ってから召されたい

「神様 あと二十五年後では
 図々しいですか」