読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

清水太郎からのお願いです!

全国の有権者の皆さん、私のブログの読者の皆さん!そして、SNSを通じて世界中に情報を発信をしてい皆さん。新聞・テレビ等のマスメディアの情報に頼るだけしか方法がない皆さん、それらの情報さえ持てない社会の片隅で生活している弱者の皆さんにお聴きしたいです!有力新聞は自民党議席が300を越す勢いとの報道がなされています、始め自民党は苦戦していると報道していたのです。まだ60%の人がどの政党に投票きめていないのにです。このようなマスコミの世論誘導を許して良いのですか?白紙投票を呼びかけているサイトさえあります。選挙に行くことは民主主義の基本です。政治に関心が無い、投票に行かない、それで良いんですか?ご存じですか、女性たちが選挙に行かない男とは結婚しないと言い始めていますよ!選挙に行き、投票で自公政権にNO!を突きつけましょう!農業は国の基本です。しかし、現在の自公政権ではもう農業で生活が立ちゆかなくなりますよ?自民党に投票してこられた農業の皆さん、投票先を変えるべきです。商店を経営されている皆さん、消費税がこれ以上になると経営が立ちゆかなくなりますよ!中小企業の経営者の皆さん、会社の維持が難しい時代です。儲かっているのは一部の大企業だけです。新聞社で働く皆さん、政権に迎合する記事を書き続けて良いのですか?テレビで働く皆さん、現在の視聴率競争の番組ばかりを流し続けて良いのですか?先日亡くなられた菅原文太さんが「飢えと、戦を無くすのが、国家だと」訴えられてきました!芸能人の皆さん、世論を動かすために発言していただきたいです。自公政権が続く限り、子供たちの未来が危ういです!現在、自公政権に対決できるのは日本共産党だけです。明らかに自共対決の時代に入っているのです。私は孫たちが戦争に行く時代を無くすために、参議院選挙の時から日本共産党への支持を、八王子の夕焼けの里からひとりで訴えてきました!しかし、皆さんのお力が必要です。14日の投票の際に、比例は日本共産党・選挙区は共産党の候補者名をお書き下さい。あなたの一票がこれからの時代を変えて行きます、大切な選挙です。自公政権過半数割れに追い込みましょう。私は朝、7時30分頃に日本共産党政見放送を聞きます。その度に、日本共産党こそが明日の希望を託せる政党だと共感しています。(平成26年12月11日)